Jメディカルおゆみの

お電話にて診察のご予約可能です

リハビリテーション科

スポーツリハビリテーション

スポーツリハビリとは?

ケガをした後、スポーツ復帰するまでに行われるリハビリを指します。
また、復帰する事だけが目的ではなく、今後のケガや障害予防としても行われます。

ケガをしやすい部位は、サッカーや野球などスポーツ競技によって異なります。
競技の種類や競技レベルにより、リハビリの内容も大きく変わるほか、
時期や年齢などによっても内容が変わります。

当院におけるスポーツリハビリテーション

当院ではスポーツ専門医を中心に、理学療法士、アスレティックトレーナーが連携して、競技の特徴やレベル、
時期に合わせたメディカルリハビリテーション・アスレティックリハビリテーションの実施及び指導をしており、
必要に応じてインソール療法やテーピング指導なども行っております。

ケガの状態によっては、連携施設において、靱帯損傷や半月板損傷などに対する手術をお受けいただくことも
可能です。

スポーツ外傷とスポーツ障害(故障)

スポーツ外傷とは、スポーツ活動時の接触や転倒など、大きな衝撃による骨折や脱臼、または靱帯損傷などを指します。

一方、スポーツ障害とは、小さな衝撃を繰り返し受ける事によって生じる痛みなどを指します。
体の『使い過ぎ(オーバーユース)』や『使い方が悪い(マルユース)』などの場合に起こります。

スポーツ障害やスポーツ外傷の一部は、正しい管理やトレーニングにより予防が可能となります。

マンツーマンリハビリテーション

マンツーマンリハビリテーションとは?

ケガの種類や障害が起こる場所は、体の特性により異なります。
当院では医師の指示のもと、リハビリテーションの専門家である理学療法士が患者さまとマンツーマンで
対応させていただくことで、お一人おひとりの体に合わせたリハビリテーション・障害予防プログラムを作り、
一日でも早く快適な日常生活に復帰できるようサポートしております。

大切な日常をより良くすごすために

健康が大事であることは誰もが知っています。
しかし、ケガや障害が起きてしまうと、それまでは当たり前であった健康の大切さを痛感します。

リハビリテーションでは、運動や治療によりケガや障害を乗り越え、今後の大切な日常生活をより良く過ごすために行われます。

「よくなった!痛くなくなった!」その声のために

私たちは、患者さまの「よくなった!」「痛くなくなった!」その声を聞くため、
日々、スタッフ同士で勉強会を行うとともに、研修会や学会における活動実績の発表も行っております。

"質の高い医療サービス"を提供できるよう、私たちは日々、自己研鑽に励んでおります。

インソール

インソールとは?

当院で作製するインソールは、靴に入れる中敷のことを指します。
これは動き(特に歩き)に合わせて作製し、左右のバランスを見ながら両足に対してアプローチする治療法です。

このインソールによって、患部にかかるストレスを軽減させるように足部を誘導していきます。

対象となるケガ・病気
  • 足部の変形(偏平足・外反母趾等)
  • 外傷による足や膝の痛みの軽減
  • 慢性的な腰部の痛みの軽減
脳卒中の後遺症による歩行改善などを目的として作製します。

対象年齢・対象職種:
小学生以下の子供から可能で、一般の方やスポーツ選手まで、さまざまな方に対応できます。
作成手順
1. 問診
  • 痛みについて: 部位・きっかけ・強くまたは弱くなる姿勢(動き)
  • 過去のケガ
  • 運動の頻度・環境
  • 仕事内容
などについて、うかがいます。
2. 足型採取
  • スポンジ状の足型台に片脚ずつ足を乗せていただき足型を採取します。
  • 左右の足型を比較したり、体重のかかりかたを観察して、インソール作製に利用していきます。
3. 動きの観察
  • 足部の動き方や、変形の有無・左右差などを評価
  • 身体のひねり
  • スクワット
  • しゃがみ込み
上記のような動作と痛みの変化を見ます。
4. 歩きの観察
  • 裸足で歩いていただき、特徴を観察していきます。
  • インソールの凹凸を決定するために、筋肉に力を入れていただいたり、
    テーピングを巻いての歩行を観察します。
  • 足の底にパッドを貼付させて前後をそれぞれ比較します。
    歩行のリズムや重心の移動を効率よく改善させながら、痛みの変化なども参考にして進めていきます。
5. インソール作成
  • グラインダー(やすりのついた機械)の評価から得られた情報をもとに、
    材料に凹凸を作るように削っていきます。
  • 靴のお預かりから2~3日後にできあがったものを靴に入れて、再度歩きを観察します。
    その際に、高さなどを調整して完成となります。

スポーツ診療

当院では、一般整形外科の他に、スポーツ現場での経験が豊富なドクターと
リハビリのスペシャリスト・理学療法士が連携し『スポーツ診療』を行っています。

スポーツドクターは、治療だけでなく、原因の追求と再発防止についても年齢・レベルを問わず
スポーツをするすべての患者さまに対し、もともと行っていたスポーツを受傷もしくは発症以前と同様、
もしくはそれ以上に行えるよう治療致します。

どの診療科でも、患者さまの職業・生活環境・趣味など個々の状況に合わせた治療を提供することが
医師にはとても重要なことです。
スポーツドクターは、ただスポーツの障害やケガを治すだけでなく、スポーツの種目・ポジション・レベル・学年・
大切な試合はいつか・将来の目標などを詳しくお聞きし、症状だけでなく患者さまのバックグランドを十分考え、
治療を提供します。

また、なるべく早くそしてスムーズにスポーツに復帰できるように、ケガや障害の回復具合に合わせた練習内容を
適切にアドバイス致します。

さらには治療だけではなく、ケガや障害が起こった原因についても追求し、
今後再発しないためのリハビリを行います。
また、実際プレーする上での注意点などもアドバイス致します。

テーピング

スポーツテーピング

スポーツ活動は、競技や部活動・レクリエーションなど人により目的は様々ですが、常にケガをする危険性が
あるものです。
特に競技レベルでスポーツ活動を行う場合には、ケガの危険性は高まり、またケガに対する悩みも多くなります。

スポーツテーピングを行うことで、関節の動きに制限を加えて補強をし、ケガの予防や悪化を防止します。
また、傷害に対する不安感を弱める効果が期待できます。

RICE処置のテーピング

ケガをしてしまった直後は、悪化の防止や治癒を早めるのを目的に、
RICE処置(Rest:安静、Icing:冷却、Compression:圧迫、Elevation:挙上)を行います。

その際、テーピングを使用する場合があります。
スポーツテーピングとは異なり、RICE処置は安静固定と圧迫を目的として行います。

AKA

AKA博田法とは?

日本語に訳すと、「関節運動学的アプローチ」といいます。

関節の運動学に基づいて、関節の遊びや動きにともなう関節面の滑り、回転、回旋など、関節包内運動の異常を
治療する方法です。

関節包内の異常は、様々な部位の痛みを起こすと言われているため、痛む場所ではなく、
仙腸関節や肋骨と背骨の間の関節(肋椎関節)、背骨と背骨の間の関節(椎間関節)等を治療する事で痛みが
軽減されます。

AKAを用いた治療技術は修得が難しいとされており、繊細な技術と熟練、集中力を必要とする治療の一つです。
当院では、日本AKA学会指導医のもとで受講した理学療法士によって、治療させていただいております。

治療内容
問診・評価 (症状の確認)
問診で現在の症状や状態をうかがい、動作や関節の動きを確認します。
また、動きの悪さ、痛みや痺れ、骨盤の関節(仙腸関節)の緩さ、筋肉の伸びや硬さを評価し、
症状に応じて治療するための指標としております。
治療 (関節の治療)
治療を行う部位は、腰を中心とした背骨の近く(仙腸関節)です。
仙腸関節の他にも、肋骨と背骨の関節、背骨同士の関節、時には手や足の関節等も、
障害を受けている程度に応じて治療を行います。

ごくわずかな動きの治療であり、触られている程度の感覚です。
そのため痛みは生じません。
対象となるケガ・病気
関節機能障害が原因の痛み、痺れ、関節の動きが悪い(可動域制限)場合が対象です。
当院では、腰痛や首の痛みに多く処方されます。
対象外
内臓の機能障害による痛み、神経系の異常が重度の場合、化膿性関節炎、新鮮外傷、悪性腫瘍等は
適応外とされております。

※AKA博田法による治療をご希望の場合は、診察時に医師にお申しつけください。

体外衝撃波治療

体外衝撃波治療はどんな治療?

体外衝撃波治療は、あえて組織を少し損傷させることで回復させる治療法です。
知覚神経を麻痺させるため、治療後は即時的な鎮痛効果があります。
血流と組織代謝を増加させることで、組織の変性や石灰沈着などの、慢性化した治りにくい痛みを取ることができます。

「体外衝撃波治療」はどんな効果があるの?
からだ
  • 疼痛コントロール
  • 筋緊張緩和
  • 血液循環改善
スポーツ
  • 疼痛緩和・筋疲労回復
  • パフォーマンスアップアップ
  • 早期回復
短期的な除痛効果
  • 痛みを誘発している神経の終末部を、破壊する効果があります。
  • 痛みにかかわる神経内の伝達物質を、減少させる効果があります。
長期的な除痛・組織修復作用
  • 血管新生やコラーゲン産生により、組織修復をうながす効果があります。
  • 炎症の原因となっている物質の産生を、抑制する効果があります。
適応疾患
  • 五十肩
  • 野球肘
  • テニス肘
手首、手
  • 手根管症候群
  • ばね指
腰、背中
  • 筋膜性腰痛
太もも
  • 大腿四頭筋痛
  • ハムストリング筋痛
  • オスグッド・シュラッター病
  • ジャンパー膝
すね
  • シンスプリント
足首、足
  • アキレス腱炎
  • 足底腱膜炎
適応疾患は一例です。詳しくは医師にご相談ください。

よくある質問

Qどんな治療なの?痛いの?
A圧縮空気が生み出す強い振動を痛い所にぶつけるため、治療中は痛みを感じます。
Q1回の治療時間はどのくらい?
A2分~5分程度で終わります。

診療時間

整形外科・リハビリテーション科
診療時間
9:00~12:00
15:00~20:00
※18:00
まで
20時まで診療(土曜日は18時)
担当医表
理学療法士予定表
Jメディカルおゆみの 公式Instagram
Jメディカルおゆみの 公式Facebook
Jメディカルおゆみの 公式Twitter
※お電話にてご予約可能です
043-293-1118
アクセス